税理士に会社設立を依頼するときの費用とは

会社を作るときにどんな費用がかかるのか

会社設立と言うのはしっかりとした本格的なものであれば、それこそ費用が物凄くかかることになります。まず、会社を作るときには登記をしたり、なにか定款認証をしたりということになります。この手続きだけでも5万円くらいかかることになるでしょう。但し、電子認証であれば印紙代の4万円が不要となるので、そのあたりで安く済ませようとすることも多いです。また、基本的に税理士は税務や決算の専門家であるわけですから、確定申告とか税務に関する事を依頼することになります。その費用がいくらになるのか、ということがポイントになることでしょう。費用はできるだけしっかりと比較して、可能な限り安いところにお願いするようにしたほうがよいでしょう。

どんな形で依頼するのかによって違う

税務を依頼するときには顧問契約と申告書作成のみを依頼するパターンがあります。どちらにしても記帳代行を依頼するのであれば、それは別料金が必要になることでしょう。最近では訪問してくる回数も少なくできたり、ネットを活用してリモートだけでやるというところも増えています。そうした意味においてはかなり安くやってもらうことができるようになっています。顧問契約ですとしっかりと定期的に訪問されたり、こちらが訪ねにいって試算表とかを見てもらったり、様々な税務に関する相談をすることが可能です。申告書作成もそうですし、節税対策などもやってくれることがあります。申告書のみであれば相場としては10万円くらいからですから、かなり安くお願いすることができます。但し、売上規模によって違うことでもありますから注意しておきましょう。それによって、量が違うということは間違いないことであるからです。

税理士にお願いするのはよいのですが

税理士は会社設立の段階において依頼しないといけない、そうしないと絶対にできないということはないです。これは司法書士などにもいえることです。法律的にこうした資格を持っている人でないと絶対にできないことというのはほぼないからです。しかし、依頼したほうが楽になるとか効率的であるというのは間違いなくあります。それが税務であり、これらをすべてお願いすることができるのであれば間違いなく日々の業務が効率的にできるようになるでしょう。会社設立の際の事業計画書の作成支援なども作る前から依頼できるようにしておくとよいでしょう。

記事を共有する