葬儀サイトの評判についての利用法。

最近お年よりみんな長生きになったのでしょうか、葬式に呼ばれなくなりました。これまでは念に必ず一回以上は葬式があったのですが、最近は葬式自体ないみたいです。葬式がなければ香典を出さなくていいし、できれば葬式にめぐり合わないほうが良いに決まっているのですが、それにしても葬式がありません。この地域ではなくなると親戚縁者に「つげと」と言われるなくなったことのお知らせをします。別に様式はありませんが昔は何かの決まりがあったみたいです。その「つげと」をもらうとまずはその家に行って「おくやみ」を言います。しかしそのときは多分その家は葬儀の準備でばたばたしているはずです。お坊さんの準備や火葬の序運日などいろいろやることがあります。葬儀屋さんがやってくると「おとき」の費用などを決めなくてはなりません。段飾りはどうする家など決めることはいっぱいあります。そのような状況では「おくやみ」いってすぐ帰れるようにしましょう。話したいことは山ほどあるかもしれませんが、お通夜もあるし告別式もあります、とにかく「お悔やみ」を言って早々に引き上げたほうが礼儀にかないます。家に帰って礼服と香典を用意しなくてはなりません。

香典は大福町があればその分だけお返しすればいいと思います。大福町は過去にそのお宅からいただいた香典の金額が記されているはずです。それ以外であれば大体の相場は御近所なら3000円会社関係なら1万円、兄弟なら5万円親なら10万円など葬儀サイトの評判を参考にして香典を用意してください。香典は奇数と言われます、偶数は「重なる」ことを意味していて奇数にする意味はこのようなことが重ならないようにと言う中国の陰陽道から来ていることだそうですが、最近ではそのようなことを気にしない方が多いと思います。香典でも2万円を包んでくる方が結構いますあまり気にしないほうが良いと思います。中には香典袋に金額だけ書いておいて中身がないと言う香典もあります、それに比べたら奇数だ偶数だと言うことはたいしたことではないといえます。

後はお通夜と告別式に行ったら周りの人に同化しましょう。葬式は地域によって若干違います。人の振りを見て自分もそのようにしたらいいのです。なお、礼服を着たときには白の靴下はご法度です、それだけで常識を疑われます。しかし、仮通夜や通夜のとき急いで駆けつけたと言うときは許されます。ただそのときに一言とりあえず急いできたことを匂わせてください、許してくれます。つややこう別式に行く前にある程度の葬儀でのマナーを葬儀サイトの評判で確認しておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です