自力で台本の印刷と製本をする方法

台本 製本 印刷

現在では大小関わらず様々な劇団があります。個人経営の劇団になると、自作の演目をする際に台本を人数分用意する必要があり、自力で台本の印刷や製本をするとなると大変な作業になるかと思います。人数分の台本を印刷し、表紙を作成印刷する必要もあり手間がかかる為ホッチキスで閉じて終わりとゆう方もいらっしゃると思います。自宅で製本出来る様に製本専用のプリンターもあり、オフィスにも置けるため重宝されています。製本専用のプリンターはそのもの自体の価格が高いので、一度の講演で収入が見込める劇団は利用しやすいですが、そうでない劇団もいるかと思います。ですが、最近は台本の印刷と製本を安価でしてくれる印刷業者も沢山あります。印刷業者に依頼するのであれば、一度にかかる費用も抑えられ、利用しやすいとゆう方も多い方と思います。

台本のフォーマットやサイズで製本できるかが決まる

手書きで台本を書く方もいるかと思いますが、製本依頼をするのであればデジタルの台本作成の方が依頼しやすいです。手書きの場合はデジタルに清書する必要があり、別料金で清書してくれる印刷業者もありますがコストがかさむことになります。個人の劇団としてはコストがかさむのは避けたいので、デジタルでの作成方法の方が良いと言えます。更に、フォーマットによって製本できない業者もあります。Adobe系データであればPDFやillustrator限定の業者や、Office系データのWordやExcel限定の業者があります。作成した台本のフォーマットで依頼する業者を決めるのもお勧めです。台本のサイズでも製本できない事があるので、対応フォーマットと共に対応サイズも調べて置くと便利です。

WEBサイトで簡単に製本依頼が出来る

毎回印刷業者との掛け合いが面倒な方はWEBサイトでの製本もお勧めです。データの受け渡しもなく、一番初めにフォーマットの形式等を選択するだけで見積もりが届き、問題がなければサイト経由で製本が依頼できます。製本の綴じ方の種類も1種類だけではなく、無線綴じや中綴じ、平綴じにも対応している業者も多く、表紙の光沢や中に挟む紙の色や使用する紙の種類も選ぶことが出来ます。演目のイメージに合った台本を作る事が出来て、簡単に製本できるのがWEBサイトでの製本依頼の利点ともいえます。様々にカスタマイズ出来る事は利点ですが、業者によってはカスタマイズが別料金になる業者もあるので注意が必要です。更にWEBサイトでの製本は事前に完成品の確認が出来ないので、完成品に満足が往かなくてもやり直しが出来ません。価格は比較的安価な業者が多いですが、自分に合った製本をしてくれる業者を選んでいきましょう。