台本の印刷と製本を綺麗に仕上る業者の探しかたを説明します

台本 製本 印刷

毎年、数多くの新作映画やドラマなどが発表されていきますが、その映画やドラマ、舞台を実際に作り上げていく中で欠かせないのが、台本です。しかし、その台本を人の手で製本していくとなると、大変な労力がかかってきてしまいます。更に、配役や役者の数が多くなってくると、その分台本の冊数も多くなり、製本にするための負担が大きくなってしまいます。また、台本の内容に手直しがかかってしまって、製本にする時間があまり取れないので、早急に製本に仕上げたいといったこともあるかもしれません。そんな時に、スピード印刷で綺麗に台本を製本してくれる業者がいくつかあります。製本を自力で行うことを考えると手軽で便利です。今回は、台本を製本してくれる専門の業者について、その探し方のポイントを紹介します。

台本の印刷と製本を業者に依頼する際のポイント

台本を製本するにあたって、その原稿をどのように業者に渡すか選択肢がいくつかあると融通がきいて便利です。業者によっては、パソコンのソフトを使って作成した原稿をそのままインターネットを使って送ることもできますし、USBなどのメモリに入れて業者に送付し、お願いすることもできます。紙原稿のままでも対応してもらえます。また、綺麗に仕上げるために、紙の種類や表紙のレイアウトを選ぶこともできます。希望によっては背表紙に印刷をしてもらうこともできるので、保管する際に便利です。早く仕上げるためには、具体的な製本方法を提案してもらうこともできます。ホッチキスなどの針を使う製本綴じや、鍼や糸は使わずに表紙を使ってくるむ無線綴じがあるので、使いやすさも考慮して決めていくと良いでしょう。

台本の印刷と製本を行う業者の探し方と注意点

台本の印刷や製本を請け負ってくれる会社はたくさんあります。その中から、まずは、製本綴じの方法や予算、納期などに注意して、自分の希望に応えてくれる会社をいくつかピックアップしていくことがいいでしょう。そして、いずれの会社でも見積もりができるのが一般的です。実際に製本にかかる費用はどれくらいになるのか、きちんと確認した上で、最終的にどの業者に依頼をするのか決めていくことをおすすめします。また、製本方法や印刷レイアウトなどが決定した際に、最終確認がきちんと行われるかチェックしておくのも良いでしょう。台本の製本数が多いほど、ミスが発生した時の代償が大きくなってしまうので、時間がない中でも、正確に作業が進むように工夫してくれる業者を選ぶことがポイントになってくるかと思われます。