台本の印刷と製本の相場を教えます

台本 製本 印刷

台本などの分厚い冊子の印刷や製本を自分で行うには手間と時間がとてもかかります。そういった作業を任せることができる業者について紹介していきます。舞台や演劇、映画のキャストに配る台本やシナリオ本などの冊子があり、中には膨大なページ数になるものもあります。内容を考えたり、練習をしたりすることに時間がかかるので、台本などの印刷や製本は業者に依頼することをおすすめします。複数の印刷会社がありますが、どの印刷会社にするか選ぶ時には、納期の早さや小ロットからでも対応してくれるかなど目的に合ったところを選ぶといいでしょう。また、表紙の髪質や、A4やB5サイズなど様々なサイズに対応してくれる業者もあるので、どのような台本を製作したいかも明確にしておくことと、予算も明確にしておくことが大切です。

台本の印刷と製本を依頼する際に業者を探すときのポイントとは

印刷や製本を行ってくれる業者を探すには、ネットを利用することがおすすめです。ネットだと各業者のホームページを見て、価格や対応内容などを知ることができます。また、見積もりは無料で行ってくれる業者が多いので、業者を選ぶ際には、複数の業者から見積もりをとって価格比較するようにしましょう。印刷にもカラー印刷、モノクロ印刷といった種類があるので、どのような仕上がりの印刷にしたいかを決めておきます。オンデマンド機といった新しい機器による印刷であれば、より印刷クオリティーがあがるので、可能であればどういった機械で印刷するかを知っておくといいでしょう。台本はキャストがセリフを覚えたり、練習の最中に必ず必要なもので、何度もページをめくったり、書き込んだりすることが多いです。そういったことを想定して、丈夫で耐性のある紙質のものがおすすめです。

台本の印刷や製本を業者に依頼する時にかかる価格の相場

一般的に台本印刷や製本をしてくれる業者に依頼する時にかかる価格は、部数が多ければ多いほど、単価は安いです。しかし、そんなに部数がいらない場合には、小ロットからの印刷でも低価格で行ってくれる業者を探すといいでしょう。相場は紙質やサイズ、加工などにもよりますが、10部20ページで2,000円前後、100部100ページで20,000円前後になります。業者のホームページには、価格表が掲載してあるところもあるので、依頼する前に確認するようにしましょう。もし仕上がりについての相談などをしたい場合には、電話で業者に問い合わせて、仕上がった際に思っていたものと違ったということがないようにします。仕上がり具合を確認する為に、一冊だけお試し製本をしてくれる業者もあります。製本には中綴じや無線綴じといった綴じ方の種類があり、ページ数が少ない場合には中綴じ製本になる場合が多いです。