なるべく安価で台本の印刷と製本を依頼する方法

台本 製本 印刷

最近は、インターネットで台本の製本と印刷を注文できる業者が多くなっており、料金も安いです。また、比較的に安価に仕上がる方法のひとつに、糸や針金を使わずに紙を束ねた背の部分を糊で張り合わせて綴じる方法である無線綴じがあります。無線綴じは、本を180度開くことができないため、手などで押さえないと開いたままにできませんが、製本用の糊を高温により溶かして綴じる方法で、ページ数の多い台本にも十分な強度を持たせることができます。ほかには、糊を使用せずにホッチキスで綴じる中綴じや、針金で綴じる平綴じ、本の背を糸でかがって綴じる糸綴じなどがあります。また、印刷をフルカラーではなくモノクロにすることや冊子や紙の種類によっても価格が変わってきます。しかし、安価であればよいというわけではなく、品質や納期を踏まえて価格を判断することが大切です。

台本の製本と印刷をしてくれる業者の比較の仕方

いくつかの業者に見積もりをし、比較することで業者を効率的に探すことができます。しかし、見積もりの際に、手直し作業などの追加でかかる費用を計算されているかどうかを確認してください。提出した原稿に間違いがあり、訂正のための手直し作業にかかる費用が見積もりに入っておらず、最終的に費用が増えてしまうということがあります。また、台本の製本と印刷を依頼する場合、自分の持っている出来上がりのイメージと出来上がった台本とでイメージが違うということがあります。作りたい台本のイメージに最も沿うものが作れる業者を選ぶことは重要です。業者によっては、サンプル冊子を提供している場合もあるので、確認しておくとよいです。事前におおよその予算を決めておき、出来上がりのイメージやおおよそのページ数、納期を業者に伝えることで見積もりの比較をスムーズに行うことができます。

業者を探す場合に重要なポイント

業者を探す場合、台本の製本や印刷における料金相場を知っておくと、参考になります。部数の多い印刷になると割引になる場合もあるので、業者独自の割引サービスなども確認しておくとよいです。業者を選ぶ際は、価格だけでなく、品質、納期もポイントとなります。品質は高い方が良いが、過剰な品質は必要ありません。イメージや用途に見合った用紙などを選ぶことが大切です。また、要望をしっかり聞いて最適な提案をしてくれる業者であるかどうかを見極めることも大切です。進捗状況の確認などこまめに連絡を取ることができるか、納期通りに進めることができるか、緊急の対応ができるか、なども重要なポイントになります。緊急の対応ができる業者かどうかも大切です。業者の見積もりから価格の比較をした上で、業者の実績や信頼性、品質などを考慮して業者を探すことが重要です。